アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

2014年12月
     
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

今後の動向について

水色のファイルを持つ医師

人間ドックとは定期的に医療機関で検査を受けたり医師の指導を受けたりして異常を発見することが目的で行われています。
従来は専門の病院での健康診断が中心でしたが、現在ではオプションの検査項目が充実していたり、半日から2日までさまざまなコースを選択することができ、発見可能性のある病気の種類も増えてきていることから、その需要は高まっています。
総合病院ではなく、専門のクリニックで行う人も増えてきています。
がんや肝機能障害、高コレステロールなどの異常が発見しやすいといわれています。
一定の要件を満たせば、自治体や会社が加入している保険組合からの補助が出ることから、今後も増えていくと思われます。
高齢化が進む今、予防医学の重要性が高まってきています。

注意すべきこと

人間ドックを受けるためには、ほとんどのクリニックで予約が必要です。
込み合う時期もあるので余裕をもって予約しておきます。
前日の絶食が必要であるなど事前の注意事項をよく読んで実践しておくことが必要です。
さらに、料金やオプション検査、どのくらいで検査結果がでるのかといったことについては、明確な基準はありませんので、検査前に料金など不明瞭なことがあったらあらかじめはっきりさせておく必要があります。
健康組合や自治体の補助を利用する場合は、年齢や回数など一定の要件を満たさないと受けられない補助もありますので事前の確認が必要です。
視力検査などもありますのでメガネやコンタクトレンズなども忘れずに持参しておきます。

知っておくこと

人間ドックの目的は、病気を持っている場合それを見つけるといういわゆる二次予防をするための目的と、健康習慣などを改善し、意識改革をしていくいわゆる一次予防という二つの意味合いがあります。
たとえ検査結果が良くても、生活習慣を改めないと病気を引き起こすような場合には、しっかりとクリニックの医師の指導を取り入れて毎日を過ごしておく必要があります。
さらに、医療は日進月歩で進歩していますので検査の項目や検査で見つかるかもしれない病気なども増えていく傾向にあります。
ですから、1年に1回はきちんと受診し、自身の健康を管理しておく必要があります。
さらに病院に行くほどではないけれども違和感を感じているときは、問診などを利用することで適切な科を案内してもらえます。

オススメリンク

人間ドックを東京でするならこちらがオススメ|東京のおすすめ人間ドックセンターを紹介

白衣とネクタイ

個人に合わせた検診

人間ドックが開始されて以来、扱う医療機関は着実に増えています。
健康保険組合による社会人への健康診断、公衆衛生機関が行う癌や結核などの検診などもあり、病気の予防と早期発見に国をあげて取り組んでいます。
民間医療機関では人間ドックを積極的に取り入れています。
総合病院だけではなく、街のクリニックなどでも検診が行われています。
検診には保険が適…Read more

聴診器とカルテ

金額や価格の傾向について

人間ドックを行う目的には病気の予防や早期発見または治療があり、内科がある病院やクリニックで健康診断を行っています。
そこでこの診断にかかるとされている、一般的な費用や価格の傾向について調べていきます。
人間ドックの診断コースには大きくわけて2種類あり、1つめに当日に終了して帰宅出来るものがあります。
これは1日ドックコースと呼ばれることが多く、費用…Read more

関連リンク